FC2ブログ

 『龍の水飲み場 完成』

『龍の水飲み場 完成』

こんにちは、村中愛です。

今月8日から工事が始まった『龍の水飲み場の池』が本日の新月の良き日に完成致しました。

池の中には、浅間山の溶岩を敷き詰めました。

溶岩は多孔質なので微生物の繁殖に適しています。

池のふちには水辺の植物を植え、池の中には、〝タニシ〟が動き、〝メダカ〟が泳いでいます。

タニシは常にアオコや沈殿物などを食べて掃除してくれますので50匹入れています。

池に水があると蚊が卵を産み、ボウフラが湧くので、ボウフラなどを食べるメダカを10匹放流しました。

生物の排泄物は微生物が分解し、水辺の植物は養分として吸い上げて浄化してくれます。

こうして雨どいから池に入った水は、自然の循環が整った場所で清らかさを保ってくれます。

あとは、富士山の溶岩3個と沖縄の石灰石1個が池に入っています。

また、浄化のために水晶さざれ石を入れ、本日、神能水をたっぷりと入れて完成しました。

たくさんの方に応援と支援をいただきました龍の水飲み場のお披露目会は、
‪11月1日・2日・3日頃を予定したいと思っていますがまた、決まり次第ご連絡いたします。‬

コロナに負けず、密集しない内外のイベントを計画致しますので是非、川越店に遊びにお越しくださいませ。

ありがとうございました。
スポンサーサイト



line

神々さまのお働き

メシアメジャーのメッセージです。

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️


【2020年9月7日】神々さまのお働き

17時30分頃、宗像三女神と月読命の4柱の神が、楽しく笑いながら天から降りて来ました。

今から、各々の座する神社、大社に戻っていくようです。

宗像大社の三女神と月読命はどこに行っていたのか、とても気になった村中愛さんが聞きました。

すると、月読命が映像を見せたので、携帯電話に打ち込んでもらうことにしました。

月読命と素戔嗚の会話から始まりました。

月:『素戔嗚尊よ、こんなにも多くの人間が台風10号を心配して祈っている姿が見えないのですか?』

素:『人が人間を滅ぼすために海の温度を変えているのに私に何をさせようとお思いですか?』

月:『そんなことを言っている場合ではない。多くの人たちの家や畑が海に沈む、海水をかぶる。それを見ていてなんとも思わないのですか?』

素:『自然界を動かすのは人間ではない。人間は何度も過ちを犯している』

月:『自然界を犯す人は、人間の一部分の人、決して全ての人が悪いのではない』


すると、
宗像三女神の次女、市杵島姫神が素戔嗚尊に言いました。

市:『私たちの大事な島が突風にさらされています。壱岐島も対馬島も大事な場所、暴風や水害にさらされては困ります』と言うと素戔嗚は、黙って時空ポケットに入って行かれました。

月読尊と素戔嗚の会話を天空から聞いていた市杵島姫神が2柱の神の会話に口を挟みました。


壱岐島の月読尊が『今から私たちの手で海水の温度を下げましょう。
九州に台風10号を上陸させないように、海水温があがらないように私たちも力を合わせましょう』と

力強く語られ、
田心姫神と市杵島姫神もお出ましになり、4柱の神が揃って天に登って行かれました。

天に登って行った4柱の神は各々がA4サイズのパネル(反射盤)を手にして、先ず鹿児島の与論島、宝島、屋久島、下甑島の4カ所に冷気を送りました。


田:小さな島は住民の大事な生活の場所です。何としても災害から守らなくてはいけません。
パネルを置いたのは6日9時、海水温が1℃下がると水蒸気の量がぐっと減りました。

次に7日0時、壱岐島にパネルを3枚置くとまた1℃下がりました。

人間が0時・3時・6時・9時・12時・15時・18時・21時と8回祈り、そのエネルギーが天に昇っていきます。
5人、10人、100人、1,000人と祈りの人が増えてきました』


月:『神は天界で見ています。
天界は天海、同じ場所です。

対馬にもパネルが置かれました。

海水温が下がると台風はスピードを上げ、北に登り日本から少しずつ離れていきます。
8日の午前中に台風は姿を消します』



台風10号は消えたと確信した4柱の神は安堵して再び座する神社、大社にお戻りになりました。


大自然が生命を生み、育て生かしています。

神は人間だけを生かしているのではなく山や海も生かしています。

目に見えない神々が地球を守っています。
line

台風9号・10号

【2020年9月1日】 台風9号と10号 ② 6:00
フィリピンから北に通過中の台風9号、勢力が強いので厳重なる警戒が必要です。

ですが、台風9号よりもっと恐ろしいのは台風10号です。
本来台風が発生するのは海面水温が27度からですが、小笠原近海の海面水温は31度と非常に高く、まもなく台風10号として発表されます。
台風10号中心付近には非常に大きな積乱雲があり大量の水蒸気が凝結(ぎょうけつ)し大雨を降らします。異常な勢力を持ったまま週末には西日本から東日本、いや日本全国に影響しますので警戒が必要です。

天気予報も大事ですが、空を見てください。
黒くて大きな雲はありませんか?

青と白と灰色の雲はありませんか?
灰色の雲はだんだんと黒くなっていませんか?
黒い雲は、東→北→西に流れていませんか?

空が灰色になり、雲が東→北→西に流れだしたら、気をつけてください。
外にある物を家に入れてください。
排水にゴミが溜まっていたら除けてください。
冷凍庫の中にある物は早めに食べてください。
備蓄の確認をしてください。
車は高台に上げる準備をしてください。

台風10号、最大の警戒が必要です。
想像以上の被害が出る恐れがあります。

line

幸せの手紙

こんにちは、村中愛です。
昨夜のことです。

世界144,000人平和の祈り、
5年目の最後の今年は『幸せの手紙』を書くことです。

〆切間近で、
便箋と封筒も準備して、

さー、今夜は書こうと
考えていたとき、些細なことで夫とケンカ。

普段は口答えしないのですが、
お気に入りのジュウタンを汚されたことで、

売られたケンカは買わなきゃ損

みたいな気分になり…

バリバリ言い返し、

幸せの手紙を書く雰囲気も消え…た。

1時間経ち、2時間経つと
本当にケンカの内容は些細なこと、

先月買った、白のジュウタンに
夫が2度も灰皿の灰を落とし、黒くなったことで、『灰皿を下に置かないで』と言ったことから大喧嘩になっちゃった。

でも、少し反省し、

幸せって、意識であり
心の満足感なのに、

小さなことを怒ってしまい、
笑って許せなかった自分に、
ちょっと喝を入れ、再び便箋に向かっています。

『幸せの手紙』書きながら
心も大掃除中です!!
line

熱中症と体温

こんにちは、村中愛です。

今年の春から『防災情報発令中』と題して
〝この本さえ持っていれば生き延びれる〟をテーマに有志と本作りをしています。

備蓄品はもちろんですが、
緊急時に必要な物、
無いときに応用できる物、
または作り方などを考えて絵を描き、文章も作っています。


そんな時、
たまたま古い文章を探していて2017年4月10日のメッセージを見つけました。

今にピッタリなので、ご紹介致します。


⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

メシアメジャー、メッセージ

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

【2017年4月10日】 熱中症と体温 

人の身体は、
直腸温が35 ℃をきると低体温と呼ばれます。
 

そして、気温が33 ℃を超えて、1℃温度が上がる度に熱中症患者が急激に増えていきます。

なぜここまで熱中症が起こるようになったのでしょうか。

1番の原因は食べ物です。

発酵食品を食べなくなり、味噌汁や梅干しや米も食べず、偏食と添加物食品ばかり。


さて、ここで気温についてお話ししたいと思います。

人が心地よいと思う気温は個人差もありますが、
19 ℃から25 ℃です。

気温30 ℃から33 ℃になると不快を感じます。

同時に体内の汗腺が作動し、急激に体温を下げようとします。

そして、気温が35 ℃を感知すると身体警報を発信します。

同時に熱を汗として流し、身体冷却に努めますが、この時点でも、まだ身体警報は鳴りっ放しです。

そのため、汗腺は開いたままのダム状態です。


この時点から臓器は著しく動きまわり、
肺は多くの熱を体外に出すために、呼吸が早くなり、

心臓は鼓動を加速させ血液をいち早く回します。


気温が38 ℃になると大脳が誤作動し始め、
水を飲む・
室内に入る・
身体を冷やす・
クーラーを入れる・
木陰に行く・
人に助けを求める、

というような単純な言葉すら意識しなくなります。


人間の身体の多くは水分でできていますが、熱中症で怖いのは水分が不足するだけではなく、エネルギーの栄養素であるタンパク質内のアミノ酸がバランスを崩し、変形し、壊死してゆくことです。
そして突然、意識を失い倒れてしまいます。


気温が38 ℃になれば、ビルが立ち並ぶ場所や海辺では5℃から10 ℃ 上がり、43℃~ 48 ℃になります。

アスファルトの地面は43 ℃~ 48 ℃になり、

土も同じように熱を持ち、

子どもは地面に近い分、
熱を身近に感じますから、必要以上の外出は控えるべきです。


⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

室内でも熱中症になります。

こまめな水分補給をお願い致します。
line
line

line
プロフィール

村中 愛

Author:村中 愛
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line