880編の原稿

今、大阪にいます🚌💨

4月は
和歌山→西宮→東京→川越→
出雲大社→岡山→高松→
唐人駄場→愛媛→東京→大阪と

なんとも移動の多いこと。
還暦を過ぎた私には、ちょっと…。

なのに、
1日の睡眠時間は平均4時間。
夜中の2時〜3時までパソコンを打ち、
3時前に急いで布団に入り、7時前に起きる日々が1ヶ月続いた。

原稿の見直しが山とあり、毎夜パソコンの前に座る。

でも、不思議と元気❣️
サプリメントを飲んでるのでもなく、
ひたすら、時間に追われてパソコン打ちなのに…。

元気の元はサプリメントより高価(効果)なメッセージか!!

今日、大阪で1回目の原稿を渡します。
出版日は2017年7月7日

メッセージでは〝880編〟も有ると言われてますが…、

ない、 無い、 ナイ💦

探してよ、どこに有るのか教えてよ
と、つぶやきながら押入を探し、引出しを探し…、たどる31年の記憶。
**:.。..\ (*゚▽゚*) /.。.:**

頭はカラン、カランと鳴り響き、記憶が行方不明。

とりあえず、今日までに確認した
673編、32万文字の原稿を渡します。

あぁ〜家出原稿、行方不明原稿、帰っておいでぇ〜!


スポンサーサイト
line

鼎談に行ってきました

4月9日にヒカルランドで白鳥哲監督と小川社長との講演会に行かせて頂き、『メシアメジャーさんから飛鳥昭雄さんと小川社長と村中愛で鼎談して本を出しなさいと言われています。』と、ヒカルランドの石井社長にお伝えるとその場で飛鳥昭雄さんにお電話をしてくださいました。

そして、昨日の鼎談日が決まりお話させてもらいました。

素直な気持ち、
こんなにも楽しく分かりやすくお話をしてくださるとは思いませんでした。

友人から前ふりで雑誌『ムー』や『ザ・フナイ』に連載を書かれ、本も毎月何冊も書かれていると聞いていたので無名の私はどう話せば良いのか…と心配していましたが、本当にリラックスしながらお話を伺えました。流れもスムーズだったので5時間過ぎで終わりました。

ただ話の内容は深かったです。

飛鳥昭雄さんから
ロックフェラーはアシュケナジーユダヤ人という話

日本に54基の原発を据えた理由は日本人絶滅を願っているという話

三種の神器をもつ天皇家はモーセ直系の末裔という話

など、今ここでは書けない興味深い話と、怖い話も混じっていました。

怖い話もひっくるめ、今、何を日本人が知らなくてはいけないのか真剣に3人で話して来ました。

7月初めに出版されます。
期待して待っててくださいネ!!


line

パソコンは相棒

子どもの頃、地域の交番(警察)に電話が1つだけあって、電話がかかってくると放送で『〇〇さんお電話がかかっています。交番まで来てください。』って、マイクの声が響きわたっていた。

あれから55年、
地域の交番も無線マイクもなくなり
回す☎︎電話から、ハンド電話になり、携帯電話になりました。

わぁ〜、年を感じる〜💦

パソコンのこと、
書こうと思っていたのに…、


メッセージは
メモ用紙やノートに書いていたんです、31年前は。

それからワープロになって、
でも、まだまだ手書きが多かった。
じつは、ローマ字の濁音が打てなくて
《ひらがな打ち》だった。

49才の時、初めてパソコンを買ったけど半年間パソコンは箱の中。

50才を前に、友人に話すと
51音のローマ字表を持って来てくれて
壁に貼って両手で指2本でキーを打つ。

その頃、メシアメジャーさんの
意向に反撃したら(笑)
1年7ヶ月の入院💦💦

でも、
入院時間がパソコンの
練習時間になった。

100均のエクセルとワードの本を買って来てもらい、隅から隅まで読んだ。

そこに書いていた

〝パソコンは落とさないかぎり
簡単に壊れない。
壊れるほどキーを打てば必ず上手くなる〟

この言葉に、励まされ❣️❣️

それから、黙々とメッセージを打ち込み
内容は今、700編を超え

パソコンに助けられて、今がある!!



line

世の中が騒がしい

大変物騒な風を感じます。

家族で話し合いは済んでいますか⁈
緊急時の連絡方法や集合場所

家族で話し合いは済んでいますか⁈
備蓄品や食料品の確保

家族で話し合いは済んでいますか⁈
困った時に、訪ねて行ける親戚や友人

家族で話し合いは済んでいますか⁈
貴重品や大切なお品の保管方法

家族で話し合いは済んでいますか⁈
平和な日本の将来と戦争の無い幸せな未来を作るには今、何をするか

今、1度考えてるください。
『144,000人平和の祈り』2年目は各国・世界の国々への祈りです。

偶然に、世界の平和を祈っているのではないことを…。

村中愛

line

鼎談本と講演会

昨年秋に

赤塚高仁さん、小川雅弘さん、村中愛での鼎談本
白鳥哲監督さん、小川雅弘さん、村中愛での鼎談本

2冊をヒカルランドで出してもらい、
今年1月から4月までの4ヶ月間、鼎談本にちなんだ講演会に出させていただきました。

講演で何がすごいかと言うと
赤塚高仁さん、白鳥哲監督、小川雅弘さんの流暢なしゃべりです。

言葉が滑らかに出て、よどみないです。
どうして、こんなに言葉が流れるように出てくるのでしょうか⁈

『えー、うーん』なんて無くて
立て板に水のように流れてくるんですよね。

天性の話術なのか、今世の努力なのでしょうか…。
ま、どちらにしても素晴らしい。

私は、立て板に水しぶき・・のようなもので、時々飛んで来た話を拾うぐらいなもの(苦笑)

鼎談本って4時間から7時間、自動速記の人が側で言葉を全て書いています。
そして、ICレコーダーが3個あり、一語一句言葉を拾うのですが、

私は普段、標準語でしゃべっていると思いきや〝土佐弁丸出し〟

原稿が上がって来ると、自分の内容の薄さと土佐弁丸出し会話にどっと落ち込むのです。
(((−_−;))))))))
あぁ〜…、

今年は、天然な自分でも、もう少し気合いを入れて、鼎談にも講演会でも頑張りたいものです。
╰(*´︶`*)╯♡


line

ブログ

今年に入って週2でブログを書くようになりました。

ほんとに、よく続いています。

じつは私、機械音痴でブログを書いても
アップできません。

前は何度も、何度も、メモを見ながら
アップしていましたが…無理です。

あきらめました。

できないことを、出来るまでやり続けることが大事なのですが、

原稿をパソコンに打っても、
アップまで行けず、
《明日でいいや》と思うと、数日過ぎてしまいます。


そこで週に2回、
事務に来てくださる宮城さんにお願いすると、心よく引き受けて下さり、アップしてくれるようになりました!
(あぁ〜、助かりましたぁ〜💕)

なので、時間が少し空いた時に
携帯電話のメモ帳に思ったことを打ち込んで

宮城さんが事務に来てくれる頃に
アイラブストーンのメールに転送すると、宮城さんがブログにアップして下さるのです。

なんとも、ステキな同い年。

ありがとう ♪( ´▽`)

還暦過ぎた、62歳コンビの
ブログ連係アップです 🎶


line

高野山

先月31日のことです。

高野山に向かうために準備をしている時、メシアメジャーさんから
『寒いからダウンを持って行くと良い』と言われました。

でも、季節はお彼岸も終わったし、
明日からは4月

ダウンなんて
誰も着てないよなぁ〜と思って、
ダウンは1度手に持ったものの、
玄関のクリーニング袋に入れて
家を出ました。

高野山の麓に着いた時、
すでに高野山に到着している友人から
一通のメールが届きました。

『 今日の高野山は
桜吹雪のように❄雪が
舞っています (゜∀゜) 』

えぇ〜、雪降るの高野山って

て、聞くと

『高野山なめたらいかんぜよ(笑)』
って、龍馬弁での返事💦

どひゃ〜、
30分で雪が積もちゃいました。
南国土佐のハウス育ちの私

サクサク降る雪を見ながら
ダウン持って行けと言ってくれたメシアメジャーさんに
心の中で『信じてなくて、素直でなくてごめんね』🙇と
謝りながら、雪と楽しく遊ぶ高野山でした。


line

イスラエル シオンの山

3月30日朝早く、友人からメールをもらいました。

『4月半ばに産まれてくる孫の名前を「シオン」にするので姓名判断をしてほしい』と書かれていました。

その夜、友人家族が自宅に来て、私たち家族も一緒になって名前、シオンくんの漢字を決めました。

31日6時、小川社長と合流。
和歌山の高野山に向かう車中でシオンくん命名の話をしました。

すると小川社長が
『今日は四国88ヶ所霊場14番の常楽寺とイスラエルのシオンの山がつながっていると、出口王仁三郎氏が言われた135度線の淡路島、通路とされている井戸を見に行くために持って来たと1冊の本を出して見せてくれました。

表紙の題名を見て驚きました。

『淡路島ユダヤのシオンの山が7度目 地球大建て替えメイン舞台』と書いています。

イスラエルを神の民として指す時にも使われました(イザヤ60章14節)。
シオンの霊的意味は新約聖書にも書かれていますが、神の御国や天のエルサレムを指しています(ヘブル12章22節:黙示録14章1節)と。

小川社長は今月2日からイスラエルに行っています。シオンの山にも。

イスラエルと日本の国交、融合のための提言書を持って船井勝仁さん、赤塚高仁さんと一緒にイスラエルに行かれました。

イスラエル・エルサレム・シオンの山。

エルサレムから日本の淡路島135度線に導くのは八咫烏のようです。

また、新たな扉が
開いたように思います‼︎
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

村中 愛

Author:村中 愛
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line