FC2ブログ

新幹線発車 6分前

大阪での三都市講演会、その後の懇親会も楽しく、にぎやかに笑って終え、

新幹線に乗る40分前に、10分で着く距離からタクシーに乗りました。

ここまでは、順調・・

タクシーが走り出して5分後、小川さんが運転手さんに『混んでいますね、工事でしょうか?』と尋ねました。

前に進まない…

混んでいる理由も分からない…

運転手さんも楽しく話していたのに、だんだん、みんな無言になった。

運転手さんが必死で運転してくれていた20分後、隣から割り込んで来た白の車

運転手さんは左の窓ガラスを開け、大声で割り込みに意見をし始め、相手も窓ガラスを開け、2人は怒鳴り合い。(どうしよう…、終わらない。大阪弁って怖い…💦)

それからは、何度も心の中で祈った。

『運転手さん、ありがとう』
『神さま、道を開けてください』
『仏さま、東京に行かせてください』

それから、龍の幸助や花子、花子の子供の、ハッちゃん、なっちゃん、コッコちゃん、シーザーのモコッコ、河童のヨサク、ネコのニャン太、キツネのコン太…、動かせる者は全て呼んだ。
水も無いのに、ヨサクも呼んじゃった💦

名前は全部呼び…
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

最後に龍の奈良さんと華火に『新幹線、遅らせて』って頼んだ。(すみません、個人的な思いで)

大阪駅の近くまで来た時、小川さんから

『愛さん、バッグを斜めがけにして荷物持って全力疾走してよ』

『タクシーから降りたら前に向いて必死で走って!』

『キップ落としなよ』って、言われてキップをもらった。

時計を見たら新幹線発車の6分前。

えぇー💦

タクシーのドアが開いた瞬間

『走れー、前向いて走れ』って大声で小川さんに言われ、

バック、ボストン、布袋を持って

走って、走って、

私の3倍は早い小川さんは
人の間をすり抜けて走り、

私は、

『どいて、前の人、避けて』って半分怒鳴りながら走り、

エスカレーターも小川さんは走り、私の前の人も私が駆け上がって来たから、一緒に走ってくれて、ホームに着いたら新幹線が横を走り、横目で見たら18号車⁈

自分の乗る車輌も知らなくて…、

小川さんは、ほとんど見えなくて…

でも、信じて走った。

前の端(1号車)で手を振る小川さんを見つけた時には発車のベルが鳴っていた。

乗った瞬間に新幹線は滑るように走り出し、

新幹線は2分遅れで着いたらしいが…、
大阪駅のタクシーを降りて、8分で構内とホームを走り抜けたことになる。


『 ほらね、乗れたよ! 』
『あきらめない』
『思ったとおりになる』

って、誇らしげに言いながら笑っている小川さんの横で

ゼーゼー言いながら
心臓がバクバクして、口から心臓が飛び出しそうで、

鼻も、口も全開で、
人には見せられない…顔だった
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


でも、新幹線に乗って30分後

あきらめない
思った通りになる
本気なら大丈夫

と、思った!!
スポンサーサイト



line

【2019年11月27日】お披露目会

今日は愛乃コーポレション、オフィスお披露目会です。

会社を立ち上げると決めて、黙々と準備をしてきました。

先ず、たくさんの人が笑っている姿を想像しました。

笑っている顔がたくさん見えたので、部屋の中にいる人を想像しました。

笑っている人がコーヒーカップを持っていたので、コーヒーを飲むテーブルとイスを想像して作りました。

笑っている人がペンとノートを持っていたので、ノートを書く、机とイスを想像して作りました。

想像は創造につながるのですぐ紙に書きました。

紙の中に、自分の想像したビジョンを書いて、毎日少しづつ、無理のない程度にイメージを広げて行きました。

すると、何も無い空っぽの部屋にたくさんの人と物が揃っていました。

お部屋ができたので、次に看板も自分で書きました。

絵が上手いとか、下手は関係は無く自分の思うイメージを、何日も考えて書きました。

最後に決めたのは、親子の象でした。

象は地球の動物の中で1番遠くの声を聞き取ります。

象は地球の動物の中で1番、愛にあふれていて、弱い子を真ん中に入れてみんなで守ります。

そんな象のような傾聴と慈愛の人になりたいと思い、看板に親子の象を書きました。

看板が決まったので、次にロゴを考えました。

ロゴはツインのハートです💕

親子愛や友情愛も合わせ

“1人ではないよ、側にいるからね”

という思いです。


『人』の字を絵にすると支え合う2つのハートになりました。


そして今日は、友人もお赤飯を作ってくれたので、ほぼ手料理で皆さまをお迎えします。


お話は、先日の三都市講演会の後、大阪駅を走って新幹線に乗った話で盛り上がると思います。

では、愛乃コーポレションお披露目会、オープンです❣️

line

延命地蔵

先日、三都市講演会で大阪に行きました。
会場近くを歩いていると、小さなお地蔵さまに呼び止められました。

『そなた、そこの人、素通りしていくのか?!』と聞かれ、3歩ほど下がって見ると、小さなお地蔵さまのお堂がありました。

ビルの谷間で、ひっそりと立つ小さなお地蔵さま。

呼び止められなかったら目にも止まらないようなお地蔵さまは『延命地蔵さま』

お堂は小さいのに中を覗くと、光輝き、奥深から光っています。神さまの声もしっかりと聞こえました。

メッセージは・・・

【2019年11月16日】延命地蔵 11:41
延命してもらったらお礼をする。

神仏に頼んだら、結果が出ようが出まいが、すぐお礼をする。お礼を言う。

お礼は金額ではないので、すぐお礼の品や浄財をあげる。神に喜捨すると必ず結果が出るぞ。

そなた、20年の延命を申し出て、まもなく20年が来るだろう。
だが、20年の期日を待たずにお礼を先にすると延命できる。すぐすることじゃ。

お礼は『ご延命さま、健康、長寿、ご縁命(延命)いただきありがとうございます』と一息で言うと良い。

神仏へのお礼は次の日でもよい。早いと結果も早く出るからじゃ。

それと、もう一つ、
スピリチュアルは化学。
あなたの受けるメッセージは化学そのものである。

と、話しかけてくれました。
line

全て整う

愛乃コーポレーションが、昨日静かにオープンしました。

家具は全て整いました。

買ったものは、
私の仕事用の茶色の机と白の椅子。
お客さま用の茶色の丸いテーブル。
事務机の灰色の机2つ。

完璧な配置で出来上がり満足しています。
無駄な物は1つもなく、
少し物は少なめですが充分です。

満足すると心が暖かくなり、
幸福感に満ちました。

事務の人は誰もいないのに、机が2つもあります。机はしっかりした物で、長く使える物を購入しました。

でも、事務椅子は予算を超えたので買いませんでした。

すると、二人のお客さまがオレンジ色の素敵な椅子を2脚買ってくれました。

オレンジ色の椅子は元気が出ます。
満足しました。
幸福感が倍になりました。

素敵な机に、素敵な椅子
座る人は決まっていません。

2セットも事務の机と椅子を構えるなんて、よっぽど仕事があるように思えますが、今は何も入っていません。

でも、ワクワクしています。
心が踊ります。

幸せって、小さなことです。
小さな幸せが、いくつも重なると心は大きな幸せになり満足します。

来年から、大きく変化して
講演会も1人です。
ツアーも1人で企画します。

今まで小川さんと一緒でしたが、2人の漫談のような講演会も後2回、名古屋三都市講演会と銀座三都市講演会で終わりを迎えます。来年から漫談講演会はありません。

新たな旅立ちに
メシアメジャーは『イバラの道』と表現しました。
『イバラの道』艱難辛苦が有るのかもしれません…。

ならば、
『イバラの道』もバンバン踏みながら歩こう!!

人間って不思議です。
65歳にもなると、目がかすれて先がハッキリ見えませんから、恐怖も不安もなくなります。

ただ、少しだけ前を見て歩けば、きっと大道に出て幸せな道を歩けると確信しています。

2020年新たな年が始まります。
20年の0の年だから、新たなる年が始まるのかもしれません。
line

愛乃コーポレーション設立、お披露目会のお知らせ

こんにちは、村中愛です。

私こと、これまで33年間にわたりメシアメジャーのメッセージを打たせていただき、このたび 皆さまの温かいご理解とご支援を得て『愛乃コーポレーション』を起業しオフィスをオープンする運びとなりました。

小さな場所ですが皆様に喜んでいただけるオフィスにしたいと思っておりますので、末長くご愛顧賜りますよう心からお願い申し上げます。

新事業に先がけ、先ずは小さなお披露目会をいたしますので平服でお立ち寄りくださいませ。
                    
 記

事 業 名  愛乃コーポレーション
住  所  高知市神田1035-1
お披露目会 11月27日(火)
時間   13:00~16:00


2020年からの事業内容
◯本の製作
◯個人セッション
◯講演会
◯お話会
◯ツアー
◯三歩会(散歩)
◯有料メルマガ

主な活動は川越店で執り行い、
楽しく、親しみのある企画を致しますので気楽にご参加ください。

村中愛 拝
line

点描画

年を重ねる度に素晴らしさを増していく、世界144,000人平和の祈りです。

この度の点描画は ハードルが高く『至難の業』。つまり、目標達成するにはとても難しい行為と分かった上で私たちは点描画をお願い致しました。

今、人間の心は荒んでいますから心静かに1人の空間で祈ることはとても大切な行為です。
広大な宇宙に心を寄せ、愛と平和を祈りながら無心で打つ点描画。静かな時間空間を感じた人も多かったと思いますが、じつは、点描画をしてくださる人は少ないと思っていました。なので、3,333人を超えたなら、放射線状に配置してOKを出そうと思っていましたが、最後の最後まで何度も呼びかけ、お願いしている姿に感動しました。

お願いは、世界144,000人平和の祈りの会長の小川さんが頼むからではなく、愛さんやスタッフの藤岡さんが頼んでいるからではなく、ボランティアの皆さまだけでなく、日本全国にいるたくさんの人々が点描画を持って幼稚園、保育園から老人ホームまで歩いて頼んでくださったことで、数を結びました。

1人ひとりが自らの意志で立ち上がり、歩いて手渡した黒画用紙に心の光(灯)の点が着きました。

6531枚いる点描画は10月16日には5,813枚しか届いていませんでした。セットにして72組です。枚数にすると748枚足りませんでした。

愛さんが会長の小川さんに聞きました。すると数分黙って考えていた結論は、『今から黒の画用紙を探して注文します。届いたら室戸で炎の祈りとわだつみの清めに来てくれる66人と高知のボランティアで当日完成させる、できるだけのことをやろう。全て思ったとおりになる』と言い、携帯電話から文具店に電話を片っ端からかけ、最後にアマゾンにたどり着き不足分を全て発注しました。

用紙が届いたのは、平和の祈りの前日で、高知のボランティアは朝から集まって来ました。

用紙貼り付けに関してもボランティアさんも必死に試行錯誤し、より良い方法を何度も考え、検討しました。最初は不織布の上に張ることも考え一生懸命何度かやった結果、最後には養生テープに行き着き、キレイに出来上がりました。裏には1〜81の番号が全て入っています。単調に1〜81を81セット並べ番号を打つのも大変ですが、この度の数字は単調な番号ではなく、魔法陣配列になっています。全てが369の数、縦から数えても横から数えても、斜めでも総数が369になることが正しく、369(ミロク)であり弥勒です。

点描画公開する4日前に紙を追加してでも仕上げると言い切る小川さんと最後までやり切る抜いたボランティアさんの大きな力と結束力のたまものです。全宇宙からも歓喜の拍手を送りたいと思います。

最後に
ただ、ドローンを飛ばし準備中の皆さまの笑顔、並べているお姿、心のこもった1枚、1枚の点描画がもっと身近に見え、大きな記録として残らなかったことがとても残念でなりません。

どこかで再び展示公開し、81セットごとに見れ、そして全貌も見える手配がつきますように祈ります。

点描画の一点は今、地球上に住んでいる人間の数を超えて打たれているように思います。紙の上に登っていく光は人間の善なる心が地上から宇宙に登るエネルギーの証と言え、多くの人が一斉に悟りの境地に達した証とも言えます。

さぁー、来年は完結で『幸せの手紙』です。
日本列島、幸せの手紙が全家庭に届きますように祈っています。
line
line

line
プロフィール

村中 愛

Author:村中 愛
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line