FC2ブログ

本を書いたら、神さまからお礼をもらいました その2

雲に乗って降りて来た3人の神さま。
1番最初に降りて来た神さまが持っていたのは紙袋。

右側に降りた神さまは1キロ入り程の銀色の缶。

左側に降りた神さまは手の平に乗るほど小さな本。

3つとも、中味は見えません。

3人の神さまから差し出してくれた物、どれを選ぶかは自由でしたから、私は迷わずに1番最初に降りて来てくれた神さまが持っていた紙袋をもらいました。

紙袋は軽くてふわふわしています。

開けると小さな紙袋が5つ入っていました。

それぞれの紙袋を見ると、マジックで風の名が書かれています。

①和風…穏やか風

②順風…進むべき方向に吹く風

③無風…ふかない風

④春風…春の温かい風

⑤強風…強い風

5種類の風でした。

風をもらって少しすると、右側の神さまが銀色の缶を開けて見せてくれました。

2~3カラットのダイヤモンドがあふれ出てきました。

総額いくらになるのでしょうか?

計算できない程の大量のダイヤモンドです。

左側の神さまが小さな本を開けて見せてくれました。

すると、その小さい本から本の中身が目の前に出てきました。

①ジャガーを含む高級車が三台

②月飛行フリーパス券

③成城にある3,300坪の土地

④全世界飛行機フリーパス券

⑤いかなる人にも愛される愛情券

なんとも大量のプレゼントです。

私は風をもらって、とても嬉しく感じました。

ダイヤモンドの指輪は小さいけれど持っています。小さくても充分幸せを感じています。

ダイヤモンドを1キロももらっても使い方が分からず困ってしまいます。順に人に差し上げるとしても大変です。

ジャガーも要りません。

今、乗っているNボックス、軽自動車ですが快適で良く走り、私の足になってくれています。

旅行も世界旅行も今は行けません。

行っている間にメッセージが溜まってしまい、帰って来て寝る間もなくなります。

成城の土地、場所も分からない。

東京都なのでしょうか?

3,300坪ももらったら固定資産税が高そう・・・

いかなる人にも愛される愛情券って、そんなものをもらったら天狗になって生意気な態度をとりそう。

だったら、今のままが良い。

謙虚でこだわりを減して人と共に歩みたい。

風をもらえて、本当に良かった。

宝は物ではないと思うから、ね。

『愛と光』を書き上げて、神さまからしっかりとお礼もらっちゃいました。

ありがとう神さま??

風さんたち、よろしくね!

今年も最初にステキなプレゼントをもらいました!!
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

村中 愛

Author:村中 愛
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line