FC2ブログ

2020 年がスタートしました

2020年がスタートしました。
今年は大金運の年です。
大大大金運の年です。

十干の、庚(かのえ)は10 年で1回りし、十二支の、子(ね)は12年で1回りし、九星の、七赤金星は9年で1回りします。

十干と十二支は60年に1回、回って来ますが、3つが同時に集まるのは180年に1回しかありません。

そして、180年に1回回ってくる、3つの「十干・十二支・九星」の特性全てが『金運・財運』となっています。

180年に1回の『金運・財運』の年にめぐり合う人、みんなも金運・財運の持主です。

特に十二支の子(ね)は子だくさん(金運・子孫繁栄)を意味していますから今年から3年間は金運が上がりますとメシアメジャーが力説しています。

そこで、どうすれば金運を現実に手にするか…です。

3つ大切なことがあります。

2020年最強な金運を引き出す方法は『布施』『寄付』をすること。

2つめの方法は『ご先祖や子孫が繁栄する物を購入』すること

3つめの方法は『天然石のネズミの購入』すること。


金運の寄付や布施は、先ず捧げて、上げて徳を積むことです。

ご先祖や子孫が繁栄する物を購入すると、家宝になり代々受け継ぐことで子孫継承に繋がります。

天然石のネズミの石を購入すると、お金の種銭になります。

ネズミは一般的に年間、約60匹子どもを産みます。早いネズミは1ヶ月で成長して子どもを産みますから、“ネズミこう”と例えにされます。

ネズミの置物を購入したら、大事な順番があります。

自分の手をよく洗い、拭く(福)
ネズミの石をよく洗い、拭く(福)
ネズミの石を南側の部屋に置く(億)
『よし、入った』と言葉に出して言う(射得)


金運の扉は、2019年12月22日の冬至の日に開きましたが今はまだ助走段階です。

今から、きっちりと

◯布施や寄付をどこにする
いくらする
いつまでにする

◯先祖や子孫が喜ぶものを決める

◯自分のもらう金額はいくらにする
いつまでにもらう
何に使う

明確に決めることです。


十干、十二支、九星が同時に揃うのは
2020年2月3日から2020年12月31日までです。

詳しいことが知りたい人は

1月25 日(土)アイラブストーン川越店、13:30 ~15 :00『愛の知恵袋』で詳しく話します。

1匹のネズミが約3年間で180匹以上子どもを産むと言うのですから凄いことです。

石にも意志がありますから、しっかり志高く金運を上げて行きたいものです。


スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

村中 愛

Author:村中 愛
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line